シナリオ・回想シーンの書き方|20枚シナリオの書き方事講座

お気に入りへのご登録はお済ですか? ⇒ 

回想法

■回想法とは、ストーリーを展開させる上で過去の回想シーンを描く手法のこと

また、一つのストーリーの構成方法として回想法を使う場合もあります。
映画やドラマを観ていても、回想シーンは山のように登場します。登場人物の過去の出来事を描くことで彼らの抱える心の問題や、事情をわかりやく視聴者に説明することが出来ます。
しかし、その殆どが回想シーンを使わなくても表現出来るのが実情です。わかりやすく、書きやすいということで非常に安易に使われる傾向にあるわけです。
それはある程度目の肥えた視聴者の目には、説明臭いと映ることでしょう。



例えば過去に重大な手術ミスを犯したことを隠蔽した医師が、十年後に同じ手術をしようとするシーンを描くとします。しかし、どうしても過去に失敗した恐怖心がよみがえり、思うように手先が動かないというシーンを描くとしましょう。ここで、過去に誤って動脈を傷つけた回想シーンを挟めば、「なるほど、彼にはこんなトラウマがあるのだな」とわかります。
が、それではあまりにも安易過ぎると言わざるを得ません。
彼のトラウマを描くには、セリフや小道具、シナリオの構成などでもっといいシーンが描けるに違い有りません。



こうしたことから多くのシナリオスクールでは、なるべく回想とナレーションシーンを使わないようにアドバイスをされます。しかし、使ってはいけないというわけでありません。
端的に回想シーンを挟んだ方がテンポ良く描ける場合だってあるのです。
ですから、説明のために安易に回想シーン描くことは避けるよう努力して下さい。

回想法の実際

■直線回想法

○甲子園球場・グラウンド

   本間剛(18)が血染めのボールを握り締めている。

   滴り落ちる汗が頬を伝って流れ落ちる。



○同・応援席

   葛城卓也の遺影を持って剛に声援を送る葛城妙子(45)。



○(回想)青空小学校・校庭

   キャッチボールをする少年時代の剛と卓也。

卓也「俺、いつか剛と一緒に甲子園に出場するのが夢なんだ」

剛 「ぼくは無理だよ。卓ちゃんは出られるかもしれないけどさ」

   剛、微笑んでボールを投げ返す。



○甲子園球場・グラウンド

   剛、ボールを見つめ頷く。

   剛、大きく振りかぶって全力で投げ込む。




回想シーンは、柱の最初に(回想)と書きます。どこからどこまでが、回想シーンが明確にするためです。直線回想法とは最もオーソドックスな回想法で、現在のシーンが展開していて、その途中で過去のシーンが挟まれ、再び現在のシーンに戻るという手法です。




気を付けなければならないのは、回想している人物の視点を変えないこと。


そして、過去の剛がさらに回想するような二重回想シーンを書かないこと。


また、直線回想法では、回想の前後で変化をもたらせること。
上の例では、マウンド上でピンチを迎えている剛が、少年時代の卓也の言葉を思い出し、卓也の分まで思いを込めて投げようと心境が変化しています。



■サンドイッチ回想法

サンドイッチ回想法とは、現在から入って、過去を振り返るかたちで物語が展開し、最後に再び現在に戻るタイプの回想法です。
史実を元にした映像作品ではこれが史実であることを観客に認識させるために効果的ですし、過去を振り返ることでノスタルジックな雰囲気を醸し出すことが可能です。
例えば、『スタンド・バイ・ミー』や『タイタニック』がこの回想法を使った作品ですね。



■扇状回想法

扇状回想法とは、サンドイッチ回想法と同じく現在から入り、過去に戻るのですが、シークエンスごとに現在に戻りまた過去のシーンが展開する構成をとります。
古くは黒澤明監督の『羅生門』がそうでしたね。
また、小林正樹監督の『切腹』、さらにそれをリメイクした三池崇史監督の『一命』もそうでした。これは、過去から現在に戻る度に何らかの進展が無ければなりません。
一命の場合は、当初は淡々と井伊家の家老斎藤勘解由と会話を交わしていますが、最後には主人公の津雲半四郎の怒りが爆発し壮絶な斬り合いへと発展していきました。



■クロスオーバー回想法

このネーミングは、柏田道夫氏が名付けた回想法で、現在と過去が交互に同じくらいの分量で展開させていく回想法です。一種の扇状回想法なのですが、現在と過去が五分五分の割合でストーリーが展開していきます。観客の気持ちが途切れる危険性が高くなりますから、非常に高度な構成力が必要になってきますね。
この回想法には『イングリッシュ・ペイシェント』などが挙げられます。
皆さんも映画を観た際には、どの回想法を使用しているのか意識して観てみて下さい。



■フラッシュバック

最後にフラッシュバックの説明もしておきます。これは、回想シーンといってもワンカッットほどの一瞬の過去シーンを指します。



 

○山田家・居間

   太郎、こっそりとタンスの引き出しを開ける。

   中には花子の財布が入っている。


×   ×   ×


  (フラッシュ)

   花子の微笑。


×   ×   ×


   太郎、溜息を吐いて財布をしまう。



フラッシュは、せいぜい1〜2秒程度の過去シーンです。それ以上はしっかりと回想シーンとして描いて下さい。

 

おすすめの書籍とサイトはこちら