シナリオを書くためのスキル|20枚シナリオの書き方事講座

お気に入りへのご登録はお済ですか? ⇒ 

第3回:”ゲームシナリオの制作に必要なスキルとは?”

■今回と次回の2回にかけて

ゲームのシナリオを制作するにあたって必須の、もしくはあった方が良いスキルについてのお話しをしていきましょう。
前回も申し上げた通りではありますが、もっとも基本的な、そして重要なスキルとは、もちろんストーリーを創るスキルです。表現の方法が違っていても、ストーリーの作り方に違いはありません。
全体をどう構成するのか(起承転結か、それとも序破急なのか)、語り口の人称はどうするのか(誰の視点からストーリーを見ているのか?)、いかにして読者や視聴者、ゲームであればプレイヤーのストーリーへの理解を誘導するのか、もしくはミスリードさせるのか。どこでドラマを盛り上げ、どんなセリフを言わせ、そしてどうやってどんでん返ししてみせるのか……。



面白いストーリーの基本は、これらの要素をどれだけ巧妙に使いこなすことができるかにかかっており、それはゲームのシナリオであっても同じことです。
しかし、面白いストーリーを文章で表現できるだけでは、それはただの小説や脚本でしかありません。
ここで言うゲームとは、改めていう必要もありませんが、当然コンピュータゲームを指しています。映画のシナリオは監督や役者がそれを読んで場面を理解し、演出や演技を行うわけですから普通の言葉で記述されているもので良いのですが、コンピュータ相手となると、そういうわけにはいきません。



■ゲームのシナリオは、プログラムの一部です。

それがどんな場面で、どういう映像や画像を表示し、音楽やセリフなどの音声データを再生し、画面効果やテキストの表示の仕方で演出してみせるか。こうした事細かい指示をシナリオ上で出していく必要があります。
人間の手で記述されるプログラムは、そのままでコンピュータ上で機能するわけではありません。人間の理解できる言語の形で書かれたプログラムを、コンパイラと呼ばれる変換ソフトウェアに通し、様々な操作を行って機械語に変換することで初めて動作するものになります。
この工程を省略もしくは自動化し、記述した内容を即実行できるプログラミング言語をスクリプト言語と、書かれたプログラム自体を指してスクリプトと呼びます。



ごく単純化して言ってしまえば、ゲームにおけるシナリオは、それ自体がひとつのプログラムとして機能しなければいけない、ということです。
百聞は一見にしかずといいます。ここでスクリプトの実例をお見せしましょう。

■文字化けしているわけではありません!

;◎回想シーン

;--------------------------------------

*k01-02|scene02

;k0103

;太助・美真・;淳也

;学校廊下

;晴れ・午前

;--------------------------------------

;タイトルコール

[bg fn=00-01 time=0]

[se3 fn=title01]

[bg fn=title01-1 time=2000]

[bg fn=title01-2 time=0]

[wait time=800]

[se3 fn=title01]

[bg fn=title01-3 time=0]

[waitclick]



[bgm fn=03]

[bg fn=00-02]

[bg fn=01-01 time=3000]

[tachi fn=m1-1-3f-d]

[tc]

;美真

[font size=24]

ごめんなさい[r]秋月君……[next]

[resetfont]

[resetstyle]

;ごめんなさい![r]秋月君[next]



[tw]

ああ……いきなり『ごめんなさい』か……。[r]

そんな予感はしてたんだよな……。[next]



;……そりゃまあ、予想してなかったわけじゃないけど、即答ってのは、いくらなんでもないんじゃないの!?[next]



;太助[r]

;「なんで!? どうしてだよ!?」[next]

;太助[r]

;「今も、彼氏いないって、[ruby2 text="あかほし" ch="暁星"]さんが」[next]



;[tc]

;美真

;うーん……確かにいないんだけど[next]

;美真

;いないから[r]欲しいってわけじゃないし……[next]



;[tw]

;太助[r]

;「………………」[next]



太助[r]

「[ruby2 text="あかほし" ch="暁星"]さん………」[next]



[tachi fn=m1-1-2f-d]

[tc]

;美真

今は……[r]他にやらなきゃいけないことが[r]いっぱいあって……ダメなの[next]



[tachi fn=m1-2-1f-d]

;美真

だから……ごめんなさい[r]今まで通り……[r]お友達でいて……ね[next]



[tw]

太助[r]

「あ、あの……!!」[next]




小説のト書きやセリフのような文章と、記号やコマンドが記載されています。



例えば[bgm fn=03]は、BGMのファイル番号03を再生するというコマンド、[bg fn=00-02]は背景のファイル番号00-02を表示するというコマンドです。



ここで示したのはごく簡単な一例に過ぎません。そのゲームのシステムや仕様によってはシナリオ上でもっと複雑なプログラム上の動作や演出効果をしてやる必要もあります。
シナリオライターの書いたシナリオをスクリプトに起こし直す、スクリプターと呼ばれる専門職の人(映画の撮影現場の記録を取る役割の人をスクリプターと呼びますが、それとは別です)がいる場合もありますが、小規模なプロジェクトや同人でのゲーム制作では、シナリオライター自身がスクリプトを書き起こすケースもしばしばあるのです。

おすすめの書籍とサイトはこちら